浮気の警戒心がとける男性心理

旦那・夫の浮気不倫プロの探偵が明かしたギャフンと言わせる方法

浮気の警戒心がとける男性心理

読了までの目安時間:約 2分

 

男性は好みの異性と出会って恋愛になるt有頂天になってしまうことがあります。
ことに浮気の場合はいつもの場所、いつもの時間を離れた違う自分になれるもの。特に出張先ではハメをはずしたくなります。

こんな時に自分の本当の姿を隠したくなるのは無理もないかもしれません。ふらりと入ったスナックでカウンター越しの女性に、本来の自分の職業とはまったく違う別人になりすまして会話するのと似ています。

まして浮気相手への思いが本気であれば嫌われたくない、今の家庭を壊したくないと思うあまりにやっかいなことは忘れようとしようとします。

しかし、自分に妻子がいることは早めに話すのが浮気のマナー。嘘をつくと初めはほんの出来心でもあとで取り返しのつかないことになりまねません。

浮気がばれるのは悪い結果が積み重なったものと思いがちですが、実はこれ必然なんです。ばれなかったのが不自然なくらいで今まで運がよかったと考えた方がいいくらいです。

浮気は一に用心、二に用心。相手への思いが強ければ余計の事、ばれたときの事を考えておいた方がいいのです。

浮気がばれなければ「都合よく彼女がいて家庭もある」という男性だけがラッキーな状態と考えがちですが、本気になると大変なことになりますので、割り切って考えなければなりません。
またばれたときはすべて自己責任となりますし社会的責任も限りなくゼロになってしまいます。

 

浮気男性心理   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

comment closed